クロスカントリー of Rusutsu

クロスカントリーフライト

   ルスツではクロスカントリーフライトをするパイロットが多くなってきました。

  • とりあえず西に7km行ったところの真狩村(まっかりむら)に飛んでみる。(コースの下は全部畑です)定番のコース尻別岳(橇負山から北へ3km、標高1100m)をトップアウトして京極町(きょうごくちょう)方面か、中山峠方面、そして鈴川方面へ走って見ることが出きます。その日の風を見てコースを考えます。

h-XC2.gif

  • 真南の風で橇負山をトップアウトして尻別岳を狙う時の注意事項は、橇負山の収束流です。比較的独立峰なので、山の両脇から発生する渦(翼端流とは逆方向の回転)がある程度発生しているので、橇負山の真後ろをコース取りすると、強力な乱気流になるところがあります。風向きと気流をイメージしてコース取りをしこの収束流に捕まらないようにしなければなりません。
  • 尻別岳をトップアウトしてからも、コース取りによっては、この収束流が大きな沈下を招きます。特に高度を取れずに山から離れる時は、真横に500mは離れるようにコースを取り、風の方向と山の形、現在の機体ポジションを照らし合わせ収束流・乱気流の予測を立て下降気流帯にはまらないようにしましょう。
  • 風が南風から北風に変わる日が時々あります。弱い前線の通過です。
  • 前線狙いでフライトすると、東西どこまでも走れます。ある程度ジグザグにコース取りをして前線の上昇帯を確認しながらXCに出てください。
  • ルスツはツリーランすることがないように、あちこちに緊急ランディングを確保していますが、冒険をせずにのんびりソアリングすることをお勧めします。
  • 皆さんのエリアが梅雨の時でも、北海道は飛べています。うだるような暑さもほとんどなく快適です。心と体を癒しに是非ルスツに来てください! 北海道はイイヨー!

HOME > Visit > クロスカントリー